• トップページ
  • 園の紹介
  • 幼稚園の1日
  • 幼稚園の1年
  • 入園案内
  • 入園前のお子さま向け

クラスだより~ことりぐみ~ 『聖劇』伝えたい気持ちをもって・・・

 冬休みに入り、子どもたちはおうちの方々と一緒に過ごす毎日を、

元気に楽しんですごしていることと思います(*^_^*)

 

クリスマスでは、聖劇・クリスマス礼拝・ローソク礼拝と、

ことり組の子どもたち一人一人が、イエス様のお誕生をお祝いする心で頑張ってくれました。

 

☆聖劇☆

 アドベントが始まると、園長先生の「おはなしローソク」が始まりました。

みんなでキャンドルを囲み、本当のクリスマスの出来事のお話を聞きました。

マリアさんってどんな人だったんだろう?ヨセフさんはどんな気持ちだったのかな?

天使さんやロバさん。羊飼いさんや博士さん。みんなどんな気持ちでイエス様のお誕生に出会ったんだろう?

一人ひとりがお話に耳を傾け、2000年前の出来事に思いを巡らせながら、その時間を大切に過ごしました。


 聖劇では、たくさんの歌を歌います。

うたを歌うことが大好きなことり組さん。

自分の歌いたいうたを好きな時に歌えるように、お部屋に「クリスマスのうたの本」を置いていました。



毎日朝のお集まりの時に、一人一曲ずつ今日歌いたいものを選んで歌ってきました。

同じうたを歌いたい人で集まって歌ったり、一人で歌ったり…。

それぞれ子どもたちのペースで、歌詞に込められたお話も味わいながらうたに触れてきました。

 

聖劇の練習では、一つひとつの役の気持ちになって、セリフを言ったり、身体で表現したり、

友達の素敵な所を見つけて、認め合い、高めあって、子どもたち同士で作り上げてきました。

本番では、一人ひとりがその役になり心を込めて、

イエス様のお誕生を見ている人に伝えたいという思いを持って聖劇をしてくれました。

神さまもイエス様も子どもたちの姿を見て、きっと喜んでおられたことでしょう(*^_^*)

 


 

聖劇後、

「あ~楽しかった!」

「もう一回したい!」「私たちの聖劇を見てない人にも見せてあげたい!伝えたい!」

「なんで本番は1回しかないのー!」

「まだまだできるで~!」 

やりきった自信と喜び、満足感、心地よさ、まだまだ意欲満々な子どもたち(^_^.)

そこまで気持ちを持って取り組んでくれたことが本当に嬉しかったです。

ことり組さんに大拍手でした!!!

 

☆クリスマス製作☆

 

 ことりぐみさんは教会の献金箱を作りました。

「どんなときに献金をしているの?」と尋ねると、

「お家のお仕事を手伝ったとき」「ご飯の支度をしたとき」

「ママに、ありがとうって言われたとき」

「苦手なことも頑張ったとき」 など…(*^^*)

 

世界中の困っている人たちや、貧しい人たちのために、

みんなの心からの献金をお捧げしようねと話をしました。

 

 

おうちの方へのプレゼントは『ろうそくリース』を作りました。

リースの型に、モミの木の葉を挟み、ワイヤーでまつぼっくりをくくり付けたり、どんぐりをつけたり、ポンポンを乗せたり…。

ワイヤーをくくり付けるときの指先の力加減や、どんぐりをボンドでつける時の調節など、難しいことにも挑戦し、一生懸命作りました。

自分でカードにメッセージを書いて、ラッピングもしました♪

 

ロウソクに灯りを灯すと、リースの影が浮かび上がってきて

とてもきれい(*^_^*)

それぞれのお家で、その温かく美しい灯りが灯されたことでしょう。

 

 

☆2学期を終えて☆

たくさんの行事があった2学期。

終園式に子どもたちに「2学期どんなことがあった?」と聞くと、

「運動会でパラウェーブした!」「3つのチームに分かれてリレーしたよね!わたし赤チームやった!」

「北小松いってお芋掘った!」「収穫感謝祭で歌ったり合奏した」「動物園もきたよ」

「あ!そういえば、豚汁レストランもしたやん!!」

など、どんどん出てくる中で、

「いろいろありすぎて全部思い出されへんわ~」と言っていた子も…(^_^.)

長いようであっという間に過ぎた2学期でした。

 

特にことり組の子どもたちは、たくさんの経験を通して大きく心が育ってきたと思います。

自分に挑戦したことで得た自信、友だちと力を合わせることで知った達成感や充実感。

誰かのために自分の力を使うことの嬉しさ、みんなで決めていくことで感じた友だちの思い。

そして、年長として大事な役割を任せられたことの責任感と、自分を整える心…。

 

一つの行事が終わるたびに変わっていく子どもたちの姿や表情は、

自信にあふれていて、もっとやってみたいという意欲を持ち、

友だちの気持ちを思いやりながら関わり、

日々の経験の中でたくましく、優しく、強く成長していく姿をみて、とても嬉しく思いました。

 

 

 

3学期は、いよいよ幼稚園生活の最後の時となります。

小学校に向けて心も身体もしっかりと準備をしていくとともに、

幼稚園で過ごす一日一日を大切にしていきたいなと思っています。

 

元気なことりぐみさんに始園式で会えることを楽しみにしています!!

                                                                (道上)